障害者教育の先駆者、杉山検校
                       

 墨田区千歳にある江島杉山神社の御祭神で、杉山和一総検校(けんぎょう)の遺徳顕彰会90周年の式典に出席した。

 江戸時代の超一流の盲人鍼灸師で、「総検校」とは盲人最高位の役職名。将軍徳川綱吉の「お抱え」で治療に当たるとともに、鍼・あんまの技術を教育する講習所を開いた。当時は、西洋医学が入ってきておらず、鍼など東洋医学が重要な役割を果たしていた。

 綱吉公の難病を治療し、回復後、「何か欲しいものはないか」と問われ、「一つ、目がほしいです」と答えたところ、「本所一ツ目」に土地と屋敷を与えられた。
 隅田川から東に一ツ目、二ツ目と地名があり、現在は都道の三ツ目通りと四ツ目通りだけが地名として残っている。

 私はお祝いの挨拶で、3つのことを述べた。
 第一に、神社の敷地に杉山検校の記念館と鍼・あんまの治療所を建設するにあたり、顕彰会から補助金探しを依頼され、走り回った結果、日本宝くじ協会の助成金採択の実現に至ったこと。

杉山和一記念館
杉山和一記念館

 次に、杉山検校が1682年に講習所を開いたのは、世界で最も早い障害者教育の場ということができ、ぜひ、学校の教科書でも取り上げてもらい、世に知らせてほしいことを訴えた。
墨田区視覚障害者福祉協会会長だった、故・加瀬三郎さんが「全盲の折り紙大使」と呼ばれ、途上国や、難民キャンプなどで子どもたちに喜ばれた話が複数の教科書で掲載されている話を挙げたところ、出席者の中には加瀬さんを知っている人が多く、うなずいていた。

 最後に、目の不自由な男性の死亡事故があった京浜東北線日暮里駅のホームに、ホームドアが設置されるよう尽力したことを報告した。
 同様の事故で夫を失った視覚障害者団体の役員らとともに、2月、JRの担当役員を訪ね、ホームドアの設置を要請したところ、ホームドアは2023年夏をめどに設置されることになった。

スカイツリーのふもとで獅子舞
                       

私の地元・墨田区にある東京スカイツリーのふもと「ソラマチ」の広場で19日、小梅一丁目町会が獅子舞とお囃子を披露した。牛嶋神社の例大祭にちなんだもの。観光客も立ち止まって楽しんでいた。明20日(日)も、11時半と3時半に出演する予定。

 

やっと「少しだけお祭り」
                       

 牛嶋神社(墨田区)の約半数の町会で御神酒所が開かれ、18日から19日にかけて順次、神職のお祓いを受けた。

 もっとも、御神輿や太鼓の行列などはなく、それぞれの御神酒所に50人から10人程度の町会幹部や若手男女が集まって、神職のお祓いを受けるだけという短い式典。どこでも「来年こそは(コロナが終わって)ちゃんとしたお祭りを催行したいね」との声が聞こえた。
 
 コロナ禍で今年のお祭りは5月から全く行われなかった。しかし、9月に入り、先週は飛木稲荷神社や江東天祖神社のすべての御神酒所が開かれ、お祓いを受けた。
 私は2週続けて御神酒所まわりをし、久しぶりに、お祭り気分を少しだけ味わうことができた。

町屋で街頭演説
                       
土橋圭子(どばし けいこ)さんと
土橋圭子(どばし けいこ)さんと

 18日夕、町屋駅近くの赤札堂横で、街頭演説をした。11月8日に荒川区長選とともに行われる区議会補欠選挙に自民党から立候補予定の土橋圭子(どばし けいこ)さん、同支部長の﨑山知尚・前都議、若手区議らと一緒に。

 

 私は、菅政権が6割を超す高い支持率でスタートしたこと、初当選から20年になることに感謝するとともに、「菅政権のもと、省庁の縦割り行政や前例主義を打ち破る」、「国、都、区が力を合わせ、規制改革によって水害や地震への対策を進める」、「新型コロナの流行を抑えつつ経済を復活させる」などと述べた。

 コロナの影響で行事がないことから久しぶりに出会う通行客も多く、また、新政権への期待を伝えてくれる人もいて、楽しい時間だった。

細田会長「私の初当選から7年で総理は6人」
                       

 細田派(清和研)総会(17日)で、細田博之会長が史上最長の安倍政権に関連し
て語った話が興味深かった。

 「清和研出身の安倍さんが7年9カ月、総理大臣を務めたわけだが、現在の3回生にとっては初当選直前に安倍さんが総裁になったので、本格的な総裁選は今回が初めての経験だっただろう。

 我が派の衆議院3回生以下31人と参議院18人は『安倍総理』しか知らない。安倍総理を入れて99人の清和研の中で半分を占めるが、これは、日本の歴史を見ても、私の経験からしても、特異なこと。

 私が初当選した平成2年2月は、海部俊樹総理、その後、宮沢喜一総理から政権交代し、細川護煕総理、そして短い間、羽田孜総理。『自社さ』で村山政権が誕生し、自民党の橋本龍太郎総理になったのは平成8年1月のこと。これだけ目まぐるしく変わった」と振り返る。

 たしかに、今、10代、20代の人たちの中には政治を意識するようになってからずっと「安倍総理」だった人も多いだろう。

 私自身は、朝日新聞政治部の記者として、宮沢政権から村山政権まで取材。自民党が野党になり、そして政権復帰するまでの道を追った。

 その後、自民党初の公募で政治の世界に転じ、最初の選挙(平成8年、菅総理らが初当選)で惜敗した時、出陣式に応援に来てもらったのが、橋本総理だった。

 政治生活30年となる細田会長は、「政治とは、選挙を含め『運と努力と人望』」と語った。

適材適所の内閣スタート
                       

 菅内閣は、適材適所の人材を配した実にバランスのよい内閣だと思う。

 加藤勝信官房長官は、財務省出身で政策通、安定感があり、最適任だと思う。私が朝日新聞記者で大蔵省を担当していた30年前からの間柄で、コロナ禍で大変な時に、医療、労働の両分野で何度も大臣の携帯電話に政策提案や頼みごとをしたが、いつも素早く対応してくれた。

 岸田派から上川陽子法相、平井卓也デジタル担当大臣、石破派から田村憲久厚労相という、各分野で長い経験を持つ、適任者を配したのも見事。

 前国会で、検察官定年延長問題などで混乱した法務省は立て直しが必要だし、デジタル庁創設は菅首相の公約。

 また、巨大過ぎる厚生労働省を再編しようという総理の考えの実現は、「誰よりも厚労省の行政を熟知している」と皆が認める田村さんしか適任者は思い浮かばない。

 河野太郎さんは外相や防衛相も務めたが、「行政改革、規制改革」担当が何より似合っている気がする。

 私と同じ細田派の岸信夫さんは安倍前総理の実弟ゆえに、安倍政権時代は「大臣適齢期」ながら入閣させないのだと推測していた。安全保障を専門にしてきたから、防衛相になってよかった。私の隣の選挙区の先輩、平沢勝栄さんの入閣も、うれしい。

共産党が枝野氏に投票!
                       

16日の臨時国会で、第99代の内閣総理大臣に菅義偉さんが選出された。

 これまでの首班指名では自分の党の代表の名前を書いてきた共産党が、なんと、今回、立憲民主党の枝野氏の名を書いた。都知事選も同じ候補を推して一緒に戦ったし、共産党と立憲民主党は、いよいよ同じ考えの政党ということか!

総裁選、安倍総理の思い出
                       

 総裁選の投票で壇上に上がるとき、最前列にいた安倍総理の前を通った際、「長い間、お疲れさまでした」とささやくと、総理はとても優しい笑顔でうなずいてくれた。

 総裁選終了後の挨拶で、安倍総理が「3人の候補が素晴らしい論戦を行い、若手もそれを支えた」とたたえた後、過去の総裁選にまつわる自分の思い出を語った。

 「平成7年の総裁選で、橋本龍太郎候補と小泉純一郎候補が初めて戦ったとき、候補者が話す前に各陣営の若手が1人ずつ応援演説をすることになった。橋本陣営は若き谷垣禎一さん、そして小泉陣営は当選1回、まだ初々しかった不肖、私でした。応援演説が悪かったためか、惨敗しましたが」と場内を笑わせた。

 そのあと、安倍総理の7年8カ月を振り返る映像が流れ、外交や選挙のシーンで、私は思わず涙ぐんでしまった。

 

菅新総裁、「ゼロからのスタート」に共鳴
                       

菅義偉新総裁は、「秋田の農家の生まれで、地縁も血縁もない政治の世界に飛び込んで、まさにゼロからのスタート。それでも日本では総理大臣になれる、そのことを証明したい」と、陣営の決起大会で述べた。

「地縁なし、血縁なし」は私も全く同じなので、深く共鳴した。

また、総裁に選出された後、「役所の縦割りを打ち破る、既得権益を打ち破る、悪しき前例主義を打ち破る政治を行う」と表明。菅政権の下、私も同じ志を持って仕事をしていきたい。

 「自分で発言したら必ず実現するまでやる、それが私です。昨年秋の台風のとき、多摩川、荒川の濁流を見ながら、これがもし氾濫したら、と鳥肌が立った。来年の台風シーズンまでに解決しなければならない。『何でも挙げてこい』と役人に言った。

すると、(ダムの所管は複数の官庁にまたがるが)経産省などの利水ダムは洪水のための調整はまったくやっていなかった。まさに縦割りの弊害だった。徹底的に調べて、協定書を書かせた。気象庁の予報に基づき、通常の倍の量を放水すれば、3日前には洪水対策ができる。

こういった縦割りの弊害を各省庁の間で、もっと発見して、解決していきたい。すべての行政の縦割り除去に挑む」と述べた。

総裁選の結果は、投票総数534票のうち、菅義偉候補377票、岸田文雄候補89票、石破茂候補68票だった。

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

上へ戻る