墨田幼稚園の運動会に参加
                       

墨田幼稚園の運動会に参加した。

私も父母の方々で行う、おたまリレーにアンカーとして参加し、見事優勝できた。

おたまにボールを乗せて、落とさないように持って走る競技だが、手元に注意しすぎると、走り方が変になったり、真っ直ぐ進めなかったりと大変な競技だったものの、優勝することができた。 

初役員連絡会
                       

新役員体制になって初めての役員連絡会が9日朝開かれた。私は広報本部長として、内閣改造後に行われた4社の世論調査結果について報告した。

役員会(原則、月曜夕方)は総裁である安倍総理が出席し、メンバーは党7役など極めて少数。一方、役員連絡会は総裁は出ず、幹事長が主催。副幹事長や青年局、女性局、経理局などの局長も出席するので部屋いっぱいになる。

毎週火曜の午前は、役員連絡会と総務会に出席する。

自民党広報本部長に就任
                       

2018.10.3荒川区高年者クラブ連合会地域ぐるみ大運動会にて
                       

自民党広報本部長
                       

2日の自民党役員人事で、自民党広報本部長に就任しました。広報本部長は、党7役のひとつで党役員会のメンバーです。

前夜遅く、安倍総理から携帯電話で「松島さん、夏の参院選もあるし、広報戦略をよろしく!」と直接連絡をもらいました。広報本部長は歴代、甘利明さんや茂木敏充さん、小池百合子さんなど、そうそうたる先輩議員が就いた重要ポストです。

役員会の新任挨拶では、「安倍総裁の魅力をアピールすることや、自民党が作った政策が日本国民の幸せにどうつながっているかを示していくことが広報の仕事だと思います。それが来年の統一地方選挙や参議院選挙の結果につながるよう頑張ります」と述べました。 …続きを読む。

パキスタン出張。カーン新首相らと会談
                       
日本のODAで作られた気象レーダー施設を視察
日本のODAで作られた気象レーダー施設を視察

日本・パキスタン友好議員連盟の事務局長として、9月上旬、議連の衛藤征士郎会長、玄葉 光一郎幹事長とともに、同国を訪問し、カーン首相、クレーシ外相、カイサル下院議長らと会った。

経済・貿易の中心で、活気あふれ騒がしいカラチと、人工的に造られ整然とした首都イスラマバードを訪れた。

テロ警戒のため、大使館所有の防弾車に乗り、前後をパトカーが固める物々しさの中で移動。

同国は人口2億800万人で全人口の約6割が25歳以下という若い国だ。親日国で、走っている車は新車も中古車もほとんどが日本製である。

カーン首相を訪問
カーン首相を訪問

7月の総選挙で圧勝したカーン首相は、8月に就任したばかり。かつてクリケットのナショナルチームの主将としてワールドカップで優勝した。(クリケットはパキスタンの国技、イギリスと旧大英帝国の植民地で盛ん)カーン首相は英オックスフォード大学でもクリケットチームの主将だった。引退後、母を癌で亡くしたことをきっかけに、病院を設立するなど慈善事業に携わった後、政党をつくり、今や人気絶頂である。 …続きを読む。

環境委員会委員派遣で青森県・秋田県を視察
                       

 

安倍氏の再選を期す
                       
安倍晋三 総裁選特設サイト
安倍晋三 総裁選特設サイト

自民党総裁選が10日、事実上始まった。

7日に立候補の受付けが行われ、安倍晋三氏と石破茂氏が立候補したが、週末は、北海道の地震対策のため活動が停止されていたのだ。私は安倍さんを推している。

この日、両氏の所見発表演説会が行われ、それに先立つ「安倍氏の送り出し」(出陣式)に出席した。

私が安倍さんを推す理由は第一に「経済の再生」。演説会で安倍さんも述べた通り、安倍政権の6年間ですべての都道府県で有効求人倍率が1倍を超した。これは高度成長期にもバブル期にもなかった「歴史上初めて」の出来事である。高校卒、大学卒の就職内定率は98%と過去最高水準に達している。世界中の国々が大学卒の失業率の高さに悩み、途上国ばかりかヨーロッパでも若い人が失業率何十%という国々がいくつもある。仕事に就けない若者が多いことはその国の治安の悪化にも繋がりやすい。

旧民主党政権時代には正社員の有効求人倍率が0.50倍だったのが、今では1.13倍に上がっている。その結果、少子高齢化にもかかわらず、就業者数が251万人も増えた。 …続きを読む。

第71回墨田区民体育大会開会式
                       

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

上へ戻る