「車の前で止まり、イヤがらせ」もあおり運転の対象に
                       

「あおり運転」の対象を拡大し、「車の通行を妨害する目的で、走行中の車の前方で停止するなどして、それにより人を死傷させた場合」、一般の自動車事故より刑の重い危険運転致死傷罪の対象とする「自動車運転死傷処罰法」改正案について28日、衆議院本会議で法務委員長として報告、全会一致で通過した。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る