わんぱく相撲荒川区大会
20日(土)わんぱく相撲荒川区大会が開催された。
青年会議所が主体となり、今大会で41回目を数えるなど歴史が古い。
荒川区内の全24の小学校の1年生~6年生の500人が集まった。男子は上半身裸、女子はTシャツでそれぞれショートパンツの上にさらしの白布で「まわし」を付けている。
各小学校ののぼりもきれいで、開会式で各小学校の校長先生の名前が呼ばれると、大きな歓声が上がっていた。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る