ビアバー付き銭湯、リニューアルにクラウドファンディング600万円集まる。黄金湯リニューアル
                       
松島の左が新保卓也さん、右に朋子さん、デザイナーの高橋さん
松島の左が新保卓也さん、右に朋子さん、デザイナーの高橋さん

 クラウドファンディングで1034人から約659万円を集めて改装費の一部に当てた銭湯「黄金湯」(こがねゆ)が墨田区太平4丁目に22日、再オープンする。

 入口にはビアバーを併設。水風呂や麦飯石のサウナも備え、漫画家ほしよりこさんが銭湯っぽくない壁絵を描いた。近くにオールナイトの大黒湯も経営する新保卓也、朋子夫妻はこの夏、NHKにも取り上げられた。

 黄金湯、大黒湯とも、錦糸町駅と東京スカイツリーの間にあり、両浴場は歩いて25分の距離。

下足札の裏には出資者の名前
下足札の裏には出資者の名前

 クラウドファンディングのリターンとしては入浴券のほか、オリジナルのTシャツ、手ぬぐい、タオルなど。
 これらに用いられているロゴのデザインなどは、東京藝大で博士号取得のデザイナー、高橋理子(ひろこ)武蔵野美術大学客員教授が手がけた。
 Tokyo Tokyoのゆかた姿の動画など、和柄の個性があり、FENDIやCLINIQUEとコラボした商品も制作。墨田区業平にアトリエを持つ。

ほしよりこさんの壁絵
ほしよりこさんの壁絵

 8月22日オープンの予定。午前10時から翌零時半まで。料金は公衆浴場の公定料金通り、大人470円、中学生370円、小学生180円など。
 
 新保卓也さんは銭湯の三代目。祖父は新潟県から出てきて東京で浴場修行。店を任され独立した。(東京のお風呂屋さんにはこのパターンの新潟県ゆかりの人が実に多い)
 卓也、朋子夫妻は結婚した時は別の仕事についていたが、「下町の銭湯の灯を消してはいけない」と家業につき、コロナ禍のもと、エネルギッシュに奮闘している。黄金湯の入る6階建てビルは自前なので、2階は簡易宿泊所の許可を取り、開設する予定だ。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る