中小運送業にもマスクを
                       

中小の運送会社がマスク不足に困っている。コロナの影響で宅配は増えているが、お客さんの対応にはマスクが欠かせない。地元の運送会社から「どこにも売ってない!」という悲鳴を聞き、厚労省の担当課長に「政府が調達した分を融通してほしい」と頼んだ。
「タクシーやバスの業界は早い時期に頼まれ、手当てした。今は医療分野、次いで保育園や高齢者施設、さらに小中高校などに優先配布しているが、次に運送業を考える」と回答してくれた。
私はその後、運送業を所管する国交省にも、「厚労省に正式要請するように」とアドバイス。その後、全日本トラック協会長からお礼の電話をもらった。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る