党広報本部でネット研修会を開催
                       

自民党本部は29日(土)も職員は全員出勤、参院選に向けフル稼働している。

私は、広報本部と青年局が主催、県連の青年局幹部(県議、市議など)を対象とした「ネット活用研修会」に出席。

田代光輝慶応大学特任准教授が実践的なSNSの活用方法についてスライドで説明した。

私は冒頭のあいさつで「参議院は選挙区が広く、直接触れ合えない有権者にアプローチするため、SNSは非常に重要なツール。ネット選挙が解禁されてから6年になり、総務省の調査では4人に1人がネットの情報を投票の参考にしている。有権者が使う媒体はパソコンが3割、スマートフォンが7割。スマートフォンでの見え方を重視してほしい」

「候補者に同行して写真を撮り、SNSにアップしてほしい。どういう写真を撮り、どういう文面でアップすべきか、学んでいってほしい」

「インターネット番組『みどりの部屋』で多くの候補者と対談を行った。また、候補者の3分プロモーションビデオを作成した。ユーチューブなどで見ることができるため、拡散してほしい」と述べた。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る