天皇陛下、初めての開会式
                       

参議院選挙を受けての臨時国会が1日開かれた。

天皇陛下がご即位後初めて国会の開会式にご臨席になり、若いハリのある声でお言葉を述べられた。

また、女性の先輩ということで応援した山東昭子さんが8回目の当選を果たし、参議院の議長に選出されたことがうれしい。

開会式はどの国会でも参議院の本会議場で行われ、衆参両院議員の有志が出席する。大抵は空き席も少なからずあるが、今日ばかりは後ろの壁にそって立つ議員もいた。

陛下は、「本日第199回国会の開会式に臨み、参議院議員通常選挙による新議員を迎え、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。ここに国会が国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するにあたり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」と述べられた。

陛下がご退出される際に、山東議長は輝くシャンパンゴールドのジャケットに黒のロングスカート姿で先導した。

安倍総理が7月30日の役員会で「8月中は役員の人事を行いませんので、臨時国会終了後は皆さんしっかり英気を養ってください」と笑顔で述べたこともあり、私の党広報本部長の任期もあと1ヶ月余りは続きそうだ。

8月下旬には党のインターネットテレビ「カフェスタ」の対談番組「みどりの部屋」を再開する予定だ。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る