小村井香取神社(墨田区)の梅園見頃
                       

 墨田区文花の小村井(おむらい)香取神社の梅園が見頃を迎え、15日から梅祭りが始まった。紅白80種余、120本梅が美しい。

 江戸時代神社の近隣に名主の梅屋敷があり将軍も訪れ、安藤広重の錦絵にも描かれたが、1910年(明治43年)の大水で廃園となった。それを松原宮司が神社境内にみごとに復活させた。

 亀戸天満宮や湯島天満宮も梅で知られるが、色とりどりの個性的な梅を楽しめるところでは小村井香取神社が随一だと思う。

3月1日まで開園

最寄りの小村井駅はJR総武線亀戸駅から東武線3または東京スカイツリーのある押上から東武曳舟駅乗換1駅

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る