東京都慰霊堂の秋季慰霊大法要に参列
                       

 9月1日は関東大震災(1923年、大正12年)から97年。私の地元である墨田区や台東区は被害が特に大きかった。東京都慰霊堂(墨田区)で開かれた秋季慰霊大法要に参列した。慰霊堂のある横網公園は当時被服廠(陸軍の軍服工場)跡と呼ばれた空地で、大八車に家財を積んで避難した多くの人達が焼死したり、積み重なった人の重みで圧死や窒息死した。

 1945年(昭和20年)3月9日深夜から10日未明にかけての東京大空襲でもここで同じ悲劇が繰り返された。毎年3月10日には春季慰霊大法要が営まれ、私は春、秋ともに必ず出席している。

 戦後70年の節目にあたる2015年(平成27年)には、私が強く頼み込んで、安倍総理に歴代首相として初めて出席していただいた。追悼の辞を述べてもらったことを懐かしく思い出した。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る