橋本聖子男女共同参画担当大臣に緊急要望
                       

 自民党女性活躍推進特別委員会のメンバーで橋本聖子男女共同参画担当大臣を訪問し、非正規雇用やシングルマザーなど、厳しい状況にある女性への再就職支援などを申し入れました。

 非正規雇用やシングルマザーで、失業状態にある女性たちが生活給付を受けながら、初歩的なIT講習を受けられる訓練と、訓練終了後、デジタル化を迫られる地方自治体などへの再就職を支援することを要望しました。
 また、入学、卒業、進級など経費のかかる春を前に、「ひとり親世帯臨時特別給付金」の3度目の支給を行うことも求めました。

 コロナで大幅にシフトが減少し、実質的には失業状態のパート・アルバイトの女性は90万人以上にのぼると推計されるなど、非正規女性を取り巻く環境は深刻さを増しており、きめ細かい支援が必要だと一致しました。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る