民間金融機関で無利子・無担保の融資」開始
                       

コロナの影響で売上減少した中小・小規模企業や個人事業主が、信用保証協会や区市町村の窓口に行かなくても取引先の民間金融機関で、「無利子・無担保」の融資を受けられる仕組みが1日スタート。利子や貸し倒れリスクは信用保証協会の仕組みで、国が負担する。連休中も受け付けている金融機関もある。

金融機関によって、仕組みが2種類。①まず金融機関独自の「特別ローン」(無利子・無担保)で融資し、後で信用保証協会の保証付きに切り替える。②信用保証協会の手続きをすべて金融機関が代行し、保証が決定したら融資が始まる。の2種類。①の方が融資が早い。

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る