無戸籍者ゼロ、性犯罪被害者支援、外国人の在留管理強化など司法制度調査会で提言
上川法務大臣
上川法務大臣

自民党司法制度調査会(松島みどり会長)として提言(6項目)をまとめ、5日、党政調で承認された。

https://www.jimin.jp/news/policy/137498.html

「法律は人を幸せにすべきもの」との信念に基づき、

①無戸籍者問題
②性犯罪への対応
③成年後見制度

を取り上げた。

さらに、左藤章衆議院議員を座長とした「国際化に対応した法務行政推進プロジェクトチーム」で、

④在留管理基盤の強化
⑤法制度整備支援
⑥国際仲裁

を扱った。

関係する上川法務大臣、菅官房長官、小此木国家公安委員長、野田総務大臣、林文部科学大臣にも相次いで会い、提案書を手渡し、意見交換した。

来週は加藤厚生労働大臣にも申し入れる。

主要項目については、ブログで改めて記します。

 

菅官房長官
菅官房長官
小此木国家公安委員長
小此木国家公安委員長
野田総務大臣
野田総務大臣
林文部科学大臣
林文部科学大臣
菅官房長官に申し入れ後、官邸ロビーにて記者団の取材を受ける
菅官房長官に申し入れ後、官邸ロビーにて記者団の取材を受ける
無戸籍の子 解消へ提言(読売新聞30年6月6日)のサムネイル
無戸籍の子 解消へ提言(読売新聞30年6月6日)

«  | ブログトップ |  »

                                             

上へ戻る