地元選出の桜井ひろゆき都議会議員や、区議会議員達と遊説

5月20日、自民党の広報宣伝車あさかぜ号が墨田区に入り、地元選出の桜井ひろゆき都議会議員や、区議会議員達と遊説を行った。

墨田区役所から出発し、錦糸町駅の北口で、空き家問題対策や防災対策における国政、都政、区政の連携の重要さを訴えた。

わんぱく相撲荒川区大会
20日(土)わんぱく相撲荒川区大会が開催された。
青年会議所が主体となり、今大会で41回目を数えるなど歴史が古い。
荒川区内の全24の小学校の1年生~6年生の500人が集まった。男子は上半身裸、女子はTシャツでそれぞれショートパンツの上にさらしの白布で「まわし」を付けている。
各小学校ののぼりもきれいで、開会式で各小学校の校長先生の名前が呼ばれると、大きな歓声が上がっていた。

自民党荒川総支部大会

自民党荒川総支部大会が17日、サンパール荒川で開かれた。800人を超す人で熱気を帯び、さきやま知尚都議の三選を目指す決起大会として盛り上がった。

来賓として駆けつけた菅官房長官は「豊洲市場は6000億円を使って作られた。私の地元秋田県の年間予算が5800億円だ。毎日500万円ずつ都民の税金がムダになるので、早く豊洲への移転を決断すべきだ」と指摘した。「私は秋田県から18歳で上京した。さきやまさんは沖縄県出身で区議会を経て都議会議員になった。私も横浜市議会議員出身の国会議員でありさきやまさんと色んな共通点を感じる」と励ました。 …続きを読む

誕生 日本国憲法

5月3日、日本国憲法施行(昭和22年)から70年を迎える。
国立公文書館(東京・竹橋)で開催中の特別展が非常に興味深く、一時間半かけて視察した。
昭和21年11月3日の日本国憲法の原本が展示してあるが、旧漢字、仮名遣いのまま。物資不足の折、粗末なわら半紙を使用。 吉田茂総理を始めとする閣僚の署名の前に天皇の「上諭」があり、戦前と同様、「朕は」で始まる。
「枢密顧問の詔詢及び、帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し」とある。旧体制からの移行段階である。 憲法公布後、貴族院を廃止。施行直前の22年4月に初めての参議院選挙が行われた。 …続きを読む

                                             

 | ブログトップ | 

上へ戻る