北斎美術館、ポーランドと交流へ


「すみだ北斎美術館」を8月17日、ヤツェク・イズィドルチク駐日ポーランド大使が訪問し、「北斎×富士 冨嶽三十六景」などを鑑賞した。私も同行した。
さらに、山本亨墨田区長、山中誠・前ポーランド大使、菊田館長を交えて懇談。外務省からも審議官が同席した。
ポーランドの古都クラクフには、北斎漫画の展示を中心とした通称「マンガ館」があり、天皇皇后両陛下も2002年に訪問されている。北斎の絵は19世紀後半に「ジャポニズム」人気の最たるものとして海外に流出したが、ポーランドにも収集家がいたのだ。
2019年は日本とポーランドの外交関係樹立100周年にあたり、記念交流事業の目玉にすることで意見が一致した。 …続きを読む

墨田区制70周年式典に出席

戦後、昭和22年に旧本所区と旧向島区が合併して墨田区が誕生して70年。記念式典が2日、錦糸町のすみだトリフョニーホールで開かれ、出席した。記念切手の発売もソラマチなどで始まった。

前列、中央から右の3番目の赤い服が松島みどり

式典では、同ホールを活動拠点としている新日本フィルハーモニーの演奏や、隅田川を歌った「花」の合唱のほか、「すみだ子どもPR大使」9人を代表して三寺小4年、福光花蓮さんが登場。墨田区の魅力をスマホで撮影、動画を編集するワークショップに参加したという。

墨田区制70周年記念切手

墨田区名誉区民の王貞治さんはビデオメッセージを寄せ、「生まれた昭和15年から35年まで墨田区に住んだ。昔は墨田区というと東京の端っこの感じがしたが、平成24年に東京スカイツリーができてから注目を集めるようになり、誇らしい」。

                                             

 | ブログトップ | 

上へ戻る