天皇陛下、国会最後のお言葉

通常国会が28日始まり、開会式で天皇陛下がお言葉を述べられた。参議院の本会議場で開かれる開会式は閣僚と委員長を除き、衆参両院の議員が自由席となるので、その中で最も前列、中央の座席を確保した。隣は小野寺前防衛大臣。 陛下のお姿を拝見しながら「最後だな。陛下は『最後の行事』を一つずつ、丁寧にいつもと変わりなく、おこなっていかれるのだな」と感慨に浸った。 その後、陛下のお車が国会中央玄関をスタートし、正門から出て行くのを多くの議員とともにお見送りした。明るく穏やかな空が広がっていた。

同期の故北川知克衆議院議員お別れの会

1月24日、初当選同期で年末に亡くなった故北川知克衆議院議員のお別れの会(大阪府・寝屋川市民会館)に参列した。

北川さんは党広報本部の広報戦略局長で、昨年12月21日、自民党の新しいポスターについて、広報本部長室で打ち合わせをしたのが、彼にとって最後の仕事だったと、後で知った。26日、67歳で逝去。がく然とした。

この一年、痩せ続けていく姿に私もつらい気持ちだったが、本人が病気と言わず仕事に励んでいる以上、こちらから触れてはいけないと思ってきた。だから10月に局長続投を頼んだ。

最後に会った日は「マスクをしたままでごめん」と言われたが、さりげなく接することに努めた。別れぎわにも、ただ「28日に安倍総裁の写真撮影だけど、立ち合える?」とだけ尋ねた。「ちょっと無理。よろしく頼む」という返事で、そのまま別れた。

「お別れの会」では、初めて会った時から馴染んできた、ふっくらとした、温厚で優しい笑顔の写真に向かって、心の中で「ごめんなさい、いたわりの言葉を何も言えなくて」と何度も繰り返した。 …続きを読む

「キャリアインカレ2018」決勝大会で挨拶

党広報本部が協賛した大学生向けビジネスアイデア・コンテスト「キャリアインカレ」(マイナビ主催)の決勝大会が12日に六本木で開かれ、広報本部長として、自民党代表の愛知東邦大学の女性2人組「チームかしこ」を応援する挨拶をした。

キャリアインカレは、協賛企業が大学生向けにそれぞれテーマを出題。学生チームは、興味を持った企業にエントリーし、ビジネスアイディアを競い合う。

自民党が出題したテーマ「地方創生」に対し、全国の大学から60チームがエントリーし、書類審査と準決勝を経た。

自民党代表の愛知東邦大学「チームかしこ」
自民党代表の愛知東邦大学「チームかしこ」

優勝したのはワコールのチーム(早稲田大学)。その他、JAL(明治大学)、セコム(東京理科大学)、東京証券取引所(東京都市大学)が参加した。

選挙権が「18歳以上」になった今、このようなコンテストを通じて、より多くの若い方が政治に関心を持ってくれることを期待している。

 

Career_In_Report_15d_0124のサムネイル
日経新聞1月30日紙面に掲載されました

 

 

「猪、実はひらりひらりとしなやかに動く。12年前は間違えた」と安倍総裁

7日、党本部で仕事始めが行われ、安倍総裁が「12年前、私の政権で参議院選に負けたのだが、この時、年頭の会見で私は、猪のようにまっすぐ突進すると話していた。しかし、実は猪は賢い動物で、しなやかな動きをする。障害があると右に左にひらりひらりとかわすし、障害物があるとUターンして別の道を行く、猪に申し訳なかった。12年の違いで、今年は私もしなやかに寛容に謙虚に政権運営し、参議院選挙に必ず勝つ」と、途中笑いを交えながら宣言。

また、60年前の己亥(つちのとい)は、(祖父の)岸政権で、日米安保条約の締結に向けた大詰めの年であると同時に、最低賃金法と国民年金法ができ社会保障の礎ができた年であることを紹介し、「幼児教育、高等教育の無償化など全世代型社会保障に取り組む」と意欲を語った。 …続きを読む

新春ラジオ体操

平成31年元旦

明けましておめでとうございます。平成最後の年、そして、新しい時代が始まる年。 今年は、3月に台東区長と区議選挙、4月に墨田区長と区議及び荒川区議の選挙、そして7月に参議院選挙。いつも自分の選挙でお世話になっている方々の選挙に全力を尽くす年です。 統一地方選挙と参議院選挙が重なるのは12年に一度、亥年です。 前回の亥年、2007年、自民党は夏の参議院選挙に惨敗し、まもなく安倍総理が辞任、2年後に政権交代を招く悪夢の始まりでした。(2018年最後の党役員会で、総理がこのように表現) 今年は絶対に、統一地方選挙と参議院選挙に必ず勝つ。それが、広報本部長として党七役の一翼を担う私の務めです。 元日は今戸神社(台東区)、矢先稲荷神社(同)、尾久八幡神社(荒川区)、秋葉神社(墨田区)の元旦祭、そして2日から町会や業界団体などの新年会ラッシュが始まります。 皆様の今年一年のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

                                             

 | ブログトップ | 

上へ戻る