東京2020大会会場を視察(2019年9月24日)

大江戸すみだ職人展を訪問(2019年9月21日)

バレエ文化振興推進議員連盟総会に出席(2019年8月22日)

自立支援センター墨田寮を視察(2019年8月22日)

歴史に翻弄された松方コレクション

上野の国立西洋美術館で「松方コレクション」開催中。
松方幸次郎・川崎造船社長が大正期にモネやルノワール、ロダン等西洋美術約3000点を収集したが経営破綻。パリに隠した作品は、第2次大戦後、フランスが敵国資産として接収したが、吉田茂首相が返還交渉に成功、収蔵のため同美術館を創設した。

フランスの建築家ル・コルビジュエの設計で国立西洋美術館が1959年(昭和34年)完成した。それまで日本には国立の西洋美術館はなく、美術学校生は粗末な印刷で洋画を見て学ぶか、巨額の費用をかけて留学していた。
展示作品の素晴らしさもさることながら、数奇な運命を辿った作品群や、日本の西洋画にまつわる歴史が興味深い。

松方幸次郎は明治の元勲、松方正義首相(薩摩出身)の三男。米国で学び、川崎造船所(神戸市)の初代社長に迎えられた。
ヨーロッパを舞台にした第一次世界大戦中、戦場から遠く離れた日本の造船業は莫大な利益を上げた。 …続きを読む

災害時に役立つガソリンスタンドへの経済支援強化を

各地で災害が相次ぐ中、民間企業であるガソリンスタンドやコンビニエンスストアが災害対策の重要な拠点になっている。にもかかわらず、これらに対する公的支援が乏しい。

避難場所である学校の体育館にエアコンや自家発電機の整備が進むが、これも燃料が配送されなければ使えない。

12日開かれた自民党石油流通問題議員連盟で、ガソリンスタンド業界から報告や要望を受けた。

8月末の九州北部豪雨の際、佐賀県では県石油組合が国交省・武雄河川事務所から要請を受け、組合員2社が小型ローリーに燃料を積んで12回にわたって巨勢川ポンプ場との間を往復、重油48klをピストン輸送した。さらに翌日には約30カ所のポンプ場から計400klを運んでほしいと供給要請を受け、元売りとも連携して緊急配送に対応。調整池に溜まった雨水を川へ排水するためのポンプ場などを動かす燃料を絶やさず、水害の拡大防止に貢献した。 …続きを読む

カフェスタ「みどりの部屋」最終回でドワンゴ・夏野剛さんと対談

 党のインターネットテレビ「カフェスタ」の番組「みどりの部屋」最終回でゲストの夏野剛さん(ニコニコ動画を運営している株式会社ドワンゴ 代表取締役社長)と対談した。(9月6日)
9月11日、党広報本部長を退任したため、「みどりの部屋」は終了。

 夏野さんは携帯電話でインターネットを使えるようにした「iモード」や「おサイフケータイ」などの生みの親。慶應義塾大学大学院特別招聘教授を務めながら、今年2月から株式会社ドワンゴの代表取締役社長に就任。ネットと通信制高校の制度を活用した「N高等学校」を立ち上げて人材育成にも取り組み、デジタル変革時代のトップリーダーとして活躍している。 …続きを読む

カフェスタ「みどりの部屋」で山田太郎参議院議員と対談

 党のインターネットテレビ「カフェスタ」の番組「みどりの部屋」でゲストの山田太郎参議院議員と対談した。(8月28日)

山田議員は今年7月の参院選で53万9566票を獲得。支持団体など組織票がない中、自民党の全国比例の中で2番目の得票で当選し、党内外で評判となった。

山田議員は、「山田太郎のさんちゃんねる」というネット番組を毎週水曜(選挙中は毎日)22時から1時間欠かさず放送していることや、ツイッター、フェイスブックなどを活用し、「ネットどぶ板選挙」を実行していることを語った。

【CafeSta】<みどりの部屋>ゲスト:山田太郎 参議院議員 https://www.youtube.com/watch?v=EA3Q2wDd_TU

 

浅草・雷門前にアサガオのバンブーツリー

 東京五輪・パラリンピックのマラソンコースとなる浅草・雷門前の通りに、高さ3.5メートルと2メートルの竹籠(8基)にアサガオを這わせるプロジェクトが完成。5日、お披露目があった。入谷の朝顔市が有名な台東区の事業を、都市緑化機構が採択し、第一生命が助成した。紅色、青、空色がすでに開花。

『江戸ルネサンス 伝統と文化が薫るおもてなし』と名付けたプロジェクト。都市緑化機構は国交省関連の公益財団法人である。

 アサガオ市は江戸末期の文化・文政の頃に始まった。当時は今の台東区御徒町に幕府の下級武士が住み、その内職仕事としてアサガオ作りが始まったという。生産流通両方の拠点だったわけで、台東区の区花もアサガオである。 …続きを読む

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

上へ戻る