山中伸弥氏「iPS細胞の研究、次の段階へ」

吉野彰さんのノーベル賞受賞決定の翌10日、iPS細胞で同賞受賞の山中伸弥氏が自民党本部で講演した。

山中先生は「吉野先生のリチウムイオン電池はすでに世界中で使われている。昨年受賞された本庶佑先生は、オプジーボですでに多くの人の命を救ってきた。私は、まだ一人の命も救っていない時に受賞した」

山中氏は2012年にiPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞したのち、京大内にiPS細胞研究所(CiRA)を設立、所長を務めてきた。文科省も後押しし、これまでの6年間の成果として臨床用iPS細胞を作成、ストック。大学や研究機関15カ所には無償で、企業5社には10万円で提供してきた。
CiRAにストックされているiPS細胞は日本人の4割をカバーする4種類のHLA型。日本赤十字社や、臍帯血バンクからドナーの本人同意を得て提供されたものをもとにつくっている。

7人の医師が同研究所のiPS細胞を用いて臨床段階に入っている。
すでに眼の加齢黄斑変性や角膜上皮幹細胞疲弊症、パーキンソン病については患者に移植手術を実施し、安全性を確認中。
このほか、重症虚血性心筋症や脊髄損傷、血小板減少症の臨床研究について厚生労働省の承認済みで、手術が有効な患者を目下、リクルートしているという。 …続きを読む

祝ノーベル賞受賞、吉野さんーー取材相手で高校の先輩


ノーベル化学賞が決まった旭化成の吉野彰さんは、私にとって昔の取材相手であり、大阪府立北野高校の先輩でもある。本当に嬉しい。私は落選中にTOKYO  MXで企画番組「みどりのビタミンBIZ 」のキャスターを務め、2010年12月に「リチウムイオン電池誕生の物語」という番組を放送したのだ。

「将来、ノーベル賞をとる可能性、価値がある研究者」と吉野さんを旭化成の知人から紹介された。当時の肩書きは旭化成フェロー。今から9年前のことだ。フェローとは研究開発のトップを上回る、神様的な存在のようだった。

 

取材のため旭化成ケミカルズ川崎製造所を訪れると、「私、高校の先輩ですよ」と吉野さんに自己紹介された。9年先輩に当たる。

番組を見直すと、私は冒頭で、この年、鈴木章氏と根岸英一氏がノーベル化学賞を受賞したことに触れた後、「1985年、この場所からノーベル賞クラスの発明が生まれました」とリチウムイオン電池の誕生を語っている。ノーベル賞が現実のものとなったのだから、私も興奮せずにはいられない。

もっとも、この番組の時点では「今や携帯電話、デジカメ、ノート型パソコンになくてはならないリチウムイオン電池」という紹介の仕方で、まだスマホは話題になっていない。 …続きを読む

避難生活の辛さを軽減する防災訓練に参加

 荒川区のひぐらし小学校で行われた防災訓練に参加した。
床の硬さや冷たさを防ぐ段ボールベッドの作り方や、プライバシーを守る簡易間仕切りの組み立てなどを練習。避難生活の辛さを軽減することに重点を置いた訓練で、昔とはずいぶん変わった印象を受けた。

避難所となる体育館に集まったのは、日暮里共成町会、日暮里中央町会、東日暮里6丁目町会の皆さん。従来の訓練と合わせて新たな訓練に取り組んだ。
避難所用段ボールベッドは小さい段ボールを12箱並べ、その上にベッドパッド代わりの段ボールを敷いたり、囲いを作ったりする。
 材料となる段ボールは、荒川区が東日本段ボール工業組合の会員企業である北区のメーカーと8月下旬に協定を締結し、災害時に優先的に納入してもらえることにした。
メーカーが被災して納入できなくなった場合は、組合企業間で融通してもらえるという。
また、簡易間仕切りは硬い紙製のパイプセットをロの字型に組み立て、これにクリップで布をとりつける。避難所生活でプライバシーを確保し、着替えや授乳の際などに役立つ設備だ。
開発したのは、紙の建築のスペシャリストと知られる坂茂(ばん・しげる)建築設計事務所で、阪神淡路大震災以来、避難所の住環境の改善に取り組んでいる。
荒川区は坂先生(慶應大学特別招聘教授)が代表を務める、NPO法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークと10月8日、協定を締結し、災害時に必要な資材を供給してもらえるようにする。

 新たな避難所用品によって、慣れない避難所での生活の負担が軽減されるが、いざという時には、自分たちの手で組み立てなければならない。町会役員の方だけでなく、中学生や高校生などにも訓練に参加してもらえるとよいと思った。
体育館には空調が整備され、区には自家発電機が備蓄されているが、緊急時に動かすための燃料の配送など、災害対策強化に尽力していきたい。

第44回すみだまつりに参加(2019年10月5日)

衆議院法務委員長に就任

4日臨時国会が始まり、衆議院法務委員長に就任した。

この日は、開会式に御臨席になった天皇陛下を中央玄関2階で委員長一同正装して(私はロングドレス)立ち並び、お迎え(大島・衆議院議長が先導)お見送り(山東・参議院議長が先導)した。

この国会は日本国憲法の下での第二百回国会に当たる。

法務委員会では、今国会、企業統治能力を高めるための会社法改正や、活動範囲を広げる外国弁護士法改正を審議する見込みだ。

会社法改正は、今国会の重要法案のひとつ。安倍総理は所信表明演説で、「強力にコーポレートガバナンス改革を進めた結果、日本企業に対する海外からの直接投資残高は、5年連続で過去最高を更新し、10兆円以上増加しました。会社法を改正し、全ての大企業に社外取締役の選任を義務付けます。グローバルスタンダードに沿って、経営の透明性を一層高めることで、海外から成長の活力を取り込んでまいります」と述べた。 …続きを読む

小・中学校で「世界ともだちプロジェクト」

 「2020」を機会に小中学生に外国を知ってもらうため都教委が「世界ともだちプロジェクト」を展開中。防災訓練で訪れた荒川区立第五峡田小学校で、壁の掲示を見た。同校に割り当てられたのは、イタリア、カタール、スロベニア、セーシェル、セントビンセント及びグレナディーン諸島。

小3~小6の児童らがタブレット(荒川区は授業で1人1台ずつ使用できる)などを用いて、各国の地理や歴史、産業、文化、盛んなスポーツ、学校、環境問題について一人ずつ1年がかりで調べたことを壁いっぱいに貼り出している。

5ヵ国の割り当ては、都教委が、オリンピックをこれまでに開催した18ヵ国のほか、大陸ごとにバランスを取って決めている。

イタリアの人には、同校を訪問して講演もしてもらったが、日本で暮らしている人を探すのが難しい国の方が多い。 …続きを読む

                                             

 | ブログトップ | 

上へ戻る