パキスタン出張。カーン新首相らと会談
日本のODAで作られた気象レーダー施設を視察
日本のODAで作られた気象レーダー施設を視察

日本・パキスタン友好議員連盟の事務局長として、9月上旬、議連の衛藤征士郎会長、玄葉 光一郎幹事長とともに、同国を訪問し、カーン首相、クレーシ外相、カイサル下院議長らと会った。

経済・貿易の中心で、活気あふれ騒がしいカラチと、人工的に造られ整然とした首都イスラマバードを訪れた。

テロ警戒のため、大使館所有の防弾車に乗り、前後をパトカーが固める物々しさの中で移動。

同国は人口2億800万人で全人口の約6割が25歳以下という若い国だ。親日国で、走っている車は新車も中古車もほとんどが日本製である。

カーン首相を訪問
カーン首相を訪問

7月の総選挙で圧勝したカーン首相は、8月に就任したばかり。かつてクリケットのナショナルチームの主将としてワールドカップで優勝した。(クリケットはパキスタンの国技、イギリスと旧大英帝国の植民地で盛ん)カーン首相は英オックスフォード大学でもクリケットチームの主将だった。引退後、母を癌で亡くしたことをきっかけに、病院を設立するなど慈善事業に携わった後、政党をつくり、今や人気絶頂である。

パキスタンは政府の対外債務や財政赤字問題などでIMFから注文をつけられていることから、首相との会談はもっぱら経済問題だった。

パキスタン側から、日本企業のさらなる進出(現在は83社)を求められたのに対し、日本側からは「パキスタンは2億人の人口と若い労働力を有する魅力的な市場と良好な生産拠点であり,大きな潜在力を実際の成長に変えていくには、治安回復と近隣諸国との安定的関係が必要である旨述べ、更なる日本企業進出のため,投資環境整備を」と要請した。

クレーシ外相と
クレーシ外相と

カーン首相、クレーシ外相に対し、私からは「2025大阪関西万博の選挙が11月パリであり、ぜひ日本支持を」と訴えた。

パキスタンには今年1月、河野外相が訪れており、カーン首相、クレーシ外相から安倍総理のパキスタン訪問を強く求められた。
このほか、カラチでは「建国の父」ジンナーが眠るジンナー廟に儀仗兵に伴われて行進、入場、献花した。

イスラマバードでは日本のODAで建設した気象レーダーを視察。
カラチ、イスラマバード双方の日本人学校を訪問し、子どもたちから夏休みの思い出などを聞いた。

また、カラチで、ビジネスや文化で日本と関わりの深いパキスタンの人たちと、会合を持った。

パキスタン側からは、「日本の都市と友好都市をつくりたい」という希望が強かった。私は、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、日本の都市がパキスタンチームのホームタウンになることから始めては」と提案した。

上院本会議場 額縁は「 建国の父」ジンナー氏 左から玄葉 光一郎先生、松島みどり、衛藤征士郎先生、倉井高志大使
上院本会議場 額縁は「 建国の父」ジンナー氏 左から玄葉 光一郎先生、松島みどり、衛藤征士郎先生、倉井高志大使
日本のODAで作られた気象レーダー施設を視察
日本のODAで作られた気象レーダー施設を視察
ジンナー廟での献花
ジンナー廟での献花
クレーシ外相と会談
クレーシ外相と会談
ジンナー廟前で
ジンナー廟前で
パキスタンの女性国会議員らと(イスラマバードのレストランで)
パキスタンの女性国会議員らと(イスラマバードのレストランで)
イスラマバードの日本人学校で
イスラマバードの日本人学校で

 

安倍氏の再選を期す
安倍晋三 総裁選特設サイト
安倍晋三 総裁選特設サイト

自民党総裁選が10日、事実上始まった。

7日に立候補の受付けが行われ、安倍晋三氏と石破茂氏が立候補したが、週末は、北海道の地震対策のため活動が停止されていたのだ。私は安倍さんを推している。

この日、両氏の所見発表演説会が行われ、それに先立つ「安倍氏の送り出し」(出陣式)に出席した。

私が安倍さんを推す理由は第一に「経済の再生」。演説会で安倍さんも述べた通り、安倍政権の6年間ですべての都道府県で有効求人倍率が1倍を超した。これは高度成長期にもバブル期にもなかった「歴史上初めて」の出来事である。高校卒、大学卒の就職内定率は98%と過去最高水準に達している。世界中の国々が大学卒の失業率の高さに悩み、途上国ばかりかヨーロッパでも若い人が失業率何十%という国々がいくつもある。仕事に就けない若者が多いことはその国の治安の悪化にも繋がりやすい。

旧民主党政権時代には正社員の有効求人倍率が0.50倍だったのが、今では1.13倍に上がっている。その結果、少子高齢化にもかかわらず、就業者数が251万人も増えた。 …続きを読む

日中韓子ども童話交流
向かって左は「子どもの未来を考える議員連盟」河村建夫会長
向かって左は「子どもの未来を考える議員連盟」河村建夫会長

日本・中国・韓国の小学校4年生から6年生の100人(主催国の日本は34人、中韓は33人ずつ)が一週間にわたり、東京と山形で合宿し10人ずつのグループで絵本を創作したりするイベントが、18日から始まった。

私も同日、代々木のオリンピックセンターで行われた開会式に出席し「日本・中国・韓国の昔話集」を児童代表に手渡した。

また、日中韓それぞれの羽衣伝説にまつわる絵本を各国代表が通訳付きで読み聞かせるプログラムを傍聴したり、10年前の参加者たちによる「OBワークショップ」に参加している青年たちに話を聞いたりした。

今回で15回目。三ヵ国が順番に年1回開催する。日中韓三ヵ国の子どもが混じった10人のグループごとに複数の通訳が付く。

超党派の「子どもの未来を考える議員連盟」(河村建夫会長)と文科省系の独立行政法人「国立青少年教育振興機構」(鈴木みゆき理事長)が共同で始めたという珍しい事業だ。 …続きを読む

ルーマニア出張

 東欧のルーマニア、クロアチア、ポーランドを7月下旬、訪問した。
ルーマニアではメレシュカーヌ外務大臣を表敬訪問したほか、日本の円借款も入れて建設する予定の、地下鉄6号線の「東京駅」(ルーマニアの地下鉄総裁の粋な計らいで日本名を付けてくれた)予定地や日本の支援で修復できた日本庭園、国立美術館のアジア部門にJTインターナショナルの寄付をもとに、裏千家の方々のお力添えなどで作られた茶室などを視察した。

ルーマニアはチャウシェスク独裁政権が1989年12月に倒れた後、2007年1月にEUに加盟した。
私はちょうどEU加盟前後に外務大臣政務官として同国を含むヨーロッパを担当しており、日本の支援の最後として地下鉄の建設支援に関わっていたことがある。(EUに入ると日本からの新たなODAは出せない)
この「東京駅」は、首都ブガレストの都心と、国際空港を結ぶ路線であり、「東京駅」建設予定地の周辺には、イケア(スヴェーデンの家具店)の大きな店舗や、ドイツその他外資系の企業が入るオフィスビルもあり、道路の混雑解消に役立つと思う。 …続きを読む

全国戦没者追悼式
日本武道館にて
日本武道館にて

全国戦没者追悼式が15日、天皇皇后両陛下ご臨席のもと、日本武道館で開催された。 遺族代表として追悼の辞を述べた男性は昭和17年12月生まれ。お父様は翌年早々に召集され、19年にマリアナ諸島で亡くなられたという。「姉3人の後のはじめての男の子だったので、父は大変喜んだ。戦死の公報が来たときの母の悲しみを、背中におぶられて感じ取った記憶があります」と述べた。おそらく人生で最初の記憶が、こんなに悲しいものとは。戦後子どもたちを育てた、母上の苦労がしのばれる。

全国戦没者追悼式
全国戦没者追悼式

昭和17年から20年生まれ、つまり75歳前後の方の中には、彼のように、父親とほとんど一緒に過ごせず、あるいは父親が出征してから生まれたため、父の顔を見たことがないという人も数多くいるのだ。 …続きを読む

「相続法改正で介護した嫁にも遺産」 ―初当選以来の公約が実現―

「舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)の介護をし続けた嫁にも相続を」という公約を初当選の時から掲げてきたが、今国会の民法(相続法)改正でやっと実現できた。

たとえば長男の妻が、長年、夫の父の介護に当たっていたのに、いざ父親が亡くなると、遠方に住んでいた兄弟姉妹たちが現れて、「お嫁さんは関係ないから席を外して」と、言われるようなケースがこれまで多々あった。
最も気の毒なのは、長男(介護に当たった嫁の夫)が父より先に亡くなっていた場合で、お嫁さんは結婚以来住み続けた家を追い出されるという悲劇を、地元で耳にしてきた。
当選1、2回のころ、衆議院法務委員会や自民党税制調査会で問題提起したが、「父親に遺言を書いてもらうか、養子縁組してもらえば相続ができる」と、法務省の局長や党税調幹部(いずれも男性)につっぱねられ、私は「義理の親を介護し続けるような優しいお嫁さんが、病床のお舅さんに遺言を書いてなど、頼めるわけがない」と、反論し続けてきた。
法務省もやっと、数年前から「時代に合わせた相続法の改正」に取り組み始め、結実したわけである。
法改正で、民法1050条に「相続人ではない親族(嫁など)が介護などをした場合、相続人(故人の息子や娘など)に対して金銭を請求できる権利」を設けた。「特別寄与」という考えに基づく。

支払額は、原則として当事者間の協議で決めるが、合意できなかった場合は、家庭裁判所に持ち込む。
食事や入浴の介助を1日当たり約1時間、2年間続けた場合は、およそ300万円が目安となるという。
来年7月までに施行する。

松島みどりの東京2020オリンピック・パラリンピック機運醸成運動について、墨田区議会で坂井ユカコ議員が質問しました。

松島みどりの東京2020オリンピック・パラリンピック機運醸成運動について、墨田区議会で坂井ユカコ議員が質問しました。

こちらのリンクをご覧ください。
墨田区議会議員 坂井ユカコ
http://sakaiyukako.seesaa.net/article/459990047.html

松島みどりが推進する国際交流について、6月12日、墨田区議会で加藤拓議員が質問しました。

松島みどりが推進する国際交流について、6月12日、墨田区議会で加藤拓議員が質問しました。

墨田区議会議員 加藤 拓

次に、葛飾北斎の作品を通じた国際交流について伺います。

平成31年度は、日本とポーランドが1919年に国交を樹立してから100周年に当たります。19世紀から20世紀にかけて、ポーランドには「フェリクス・ヤシェンスキ」という葛飾北斎の作品を始め多数の日本美術を集めた収集家が居ました。彼のコレクションは、かつてのポーランド王国の首都であった古都クラクフにある、「日本美術・技術博物館」に所蔵されています。ヤシェンスキは、特に「北斎漫画」を熱愛しており、「マンガ」を自身のペンネーム使用していたことから、このセンターには「マンガ館」という愛称が付いています。 …続きを読む

松島みどり環境委員長が「海ごみ法」改正を提案、国会で成立
衆議院本会議 委員長報告
衆議院本会議 委員長報告

海岸に漂着したゴミ(海ごみ)の処理推進のため、9年前に議員立法として制定された「美しく豊かな自然を保護するための海岸における良好な景観及び環境の保全に係る海岸漂着物等の処理等の推進に関する法律」(略称・海ごみ法)の改正案を衆議院環境委員長として提案した。12日、衆議院本会議で報告し、全会一致で衆議院を通過。14日、参議院環境委員会では私が趣旨説明を行った。15日、参議院本会議でも全会一致で成立した。

参議院環境委員会 趣旨説明
参議院環境委員会 趣旨説明

主な改正点は、第一に、これまでは海岸に流れ着いたごみだけを対象としていたのを、日本の沿岸海域を漂流したり、海岸近くの海底に沈んでいるごみを対象に加えること。

第二にマイクロプラスチックの問題を初めて取り上げたこと。 …続きを読む

                                             

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

上へ戻る