環境委員長に就任

特別国会で2日、衆議院環境委員長に選任された。大島議長が「環境委員長松島みどり君」と読み上げ、私は「はい」と返事して自席で起立し、右手(野党と公明党)、議長席、左手(自民党)に向かって礼をした。
8月初めの自民党人事で環境委員長に内定していたのだが、9月28日の臨時国会初日に解散してしまったので、就任が今国会にずれ込んだのだ。
これまで政府の役職は外務大臣政務官、国交副大臣(当選3回の時)、経産副大臣、法務大臣(当選4回の時)と数多くついてきたし、衆議院でも青少年問題特別委員長(当選4回の時)は務めた。だが、法案審議を担う常任委員長は初めてである。
中川雅治環境大臣(東京の参議院議員で同じ細田派)が提出する法律を無事に通すのが仕事だ。
今まで縁の薄かった分野だが、地球環境問題はもちろん、少し前に話題になったヒアリなど外来生物問題も環境省の所管だし、国立公園、また、世界遺産のうち小笠原諸島、知床半島、屋久島など自然遺産も含まれる。
福島の原発関連の除染作業や汚染土壌の中間貯蔵施設の整備といった重い課題も当委員会が担当する。

特別国会始まり、バッジをつけてもらう

特別国会が1日始まった。正午過ぎ、国会議事堂の中央玄関から入り、当選証書を見せて国会職員に新しい議員バッジをつけてもらった。「10万4137人の代表。しっかり仕事をしよう」と改めて心に誓う。

議員バッジは当選のたびに新しいのをもらう。バッジの裏には第四十八回総選挙と刻印されている。解散と同時にバッジをはずしたので1ヵ月余ぶりだ。 …続きを読む

台東区公式行事デビュー

中小企業の「ものづくりの技」を見せ、商談につなげる台東区産業フェアが26日始まり(花川戸の都立産業貿易センター)、開会式で挨拶した。

私は、経産副大臣などとして中小・小規模企業政策に取り組んできた立場から、台東区最大の産業である皮革(靴、バッグ、なめし革)と、伝統的工芸品産業について述べた。

皮革産業は経産省所管では唯一、高関税などで自由化から守ってきた産業。TPP対策及び、大筋合意された日EU・EPAで輸入が増えそうなイタリアやスペインの製品に打ち勝つため、経産省で補助金を出し、販路開拓や機械購入など設備投資に使われていることを紹介。 …続きを読む

6期目の当選、感謝

午後8時過ぎ、NHKで当選確実が出て、万歳した。私のこれまでの開票でも一番早かったのではないかと思う。開票はまだ始まっていないが、期日前投票と当日の出口調査の結果で、圧倒的に優勢だったためだ。

万歳の横には、深谷隆司元通産大臣が立ってくださった。今回、区割変更で新しく東京14区入りした台東区北東部(旧2区)の大先輩だ。

報道陣を前にして、勝因について3点述べた。 …続きを読む

松島みどり演説会のお知らせ

松島みどり 個人演説会のお知らせ

日時:10月19日(木)午後6時30分より
場所:曳舟文化センター

日時:10月19日(木)午後7時より
場所;錦糸町・東武ホテル
※応援弁士:自民党東京都連 選対総本部長 深谷隆司先生!

松島みどり総決起大会

日時:10月6日(金) 午後6時半~

場所:すみだ産業会館 (墨田区江東橋3-9-10)

(錦糸町駅南口、丸井ビル8階)

※JR「錦糸町駅南口」 徒歩2分、地下鉄半蔵門線「錦糸町駅」 徒歩3分

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

北斎美術館、ポーランドと交流へ


「すみだ北斎美術館」を8月17日、ヤツェク・イズィドルチク駐日ポーランド大使が訪問し、「北斎×富士 冨嶽三十六景」などを鑑賞した。私も同行した。
さらに、山本亨墨田区長、山中誠・前ポーランド大使、菊田館長を交えて懇談。外務省からも審議官が同席した。
ポーランドの古都クラクフには、北斎漫画の展示を中心とした通称「マンガ館」があり、天皇皇后両陛下も2002年に訪問されている。北斎の絵は19世紀後半に「ジャポニズム」人気の最たるものとして海外に流出したが、ポーランドにも収集家がいたのだ。
2019年は日本とポーランドの外交関係樹立100周年にあたり、記念交流事業の目玉にすることで意見が一致した。 …続きを読む

墨田区制70周年式典に出席

戦後、昭和22年に旧本所区と旧向島区が合併して墨田区が誕生して70年。記念式典が2日、錦糸町のすみだトリフョニーホールで開かれ、出席した。記念切手の発売もソラマチなどで始まった。

前列、中央から右の3番目の赤い服が松島みどり

式典では、同ホールを活動拠点としている新日本フィルハーモニーの演奏や、隅田川を歌った「花」の合唱のほか、「すみだ子どもPR大使」9人を代表して三寺小4年、福光花蓮さんが登場。墨田区の魅力をスマホで撮影、動画を編集するワークショップに参加したという。

墨田区制70周年記念切手

墨田区名誉区民の王貞治さんはビデオメッセージを寄せ、「生まれた昭和15年から35年まで墨田区に住んだ。昔は墨田区というと東京の端っこの感じがしたが、平成24年に東京スカイツリーができてから注目を集めるようになり、誇らしい」。

小此木防災担当大臣への特別区長会予算要望活動に同席

 8月29日、東京23区特別区長会(会長は西川太一郎・荒川区長)の代表者が、小此木防災担当大臣に平成30年度の国への予算要望書を提出、私も東京選出の国会議員として同席した。

横浜市選出の国会議員でもある小此木大臣には、東京23区の目下の緊急課題について、地元横浜市の事例なども挙げながら、熱心に耳を傾けていただいた。 …続きを読む

                                             

◀◀ 新しい記事 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

上へ戻る