全国戦没者追悼式で遺族代表の言葉に心打たれた
                       

8月15日、全国戦没者追悼式が天皇皇后両陛下御臨席のもと、日本武道館で行われた。

遺族代表、森本浩吉さん(77)の「父の顔も知らず」「貧乏に苦労を重ねた母の愛情」「父の享年の二倍半を超す年齢を迎え」という言葉が心に残った。また、海外に残されたままのご遺骨の収集、帰還にも言及され、国会議員としての責務を感じた。

森本さんは、「終戦後、生還を信じて待つそれぞれの家族のもとへ、最愛の夫や息子の戦死の公報が届けられますが、その現実に絶望と慟哭(どうこく)、号泣されたであろうことを、頑是(がんぜ)ない子供であった私達は知る由も無かったのです。貧乏に苦労を重ねた母の愛情と祖父母の慈愛にて成長した世代です。

私たちの多くは父の顔も知らず、父との記憶、思い出さえ無い、忘れ形見の遺児です。遺児たちは散華(さんげ)された父の享年の二倍半を超す年齢を迎えました。父への尊崇と追慕の気持ちには変わることはありません。 …続きを読む。

天皇陛下、初めての開会式
                       

参議院選挙を受けての臨時国会が1日開かれた。

天皇陛下がご即位後初めて国会の開会式にご臨席になり、若いハリのある声でお言葉を述べられた。

また、女性の先輩ということで応援した山東昭子さんが8回目の当選を果たし、参議院の議長に選出されたことがうれしい。

開会式はどの国会でも参議院の本会議場で行われ、衆参両院議員の有志が出席する。大抵は空き席も少なからずあるが、今日ばかりは後ろの壁にそって立つ議員もいた。

陛下は、「本日第199回国会の開会式に臨み、参議院議員通常選挙による新議員を迎え、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。ここに国会が国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するにあたり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します」と述べられた。

陛下がご退出される際に、山東議長は輝くシャンパンゴールドのジャケットに黒のロングスカート姿で先導した。

安倍総理が7月30日の役員会で「8月中は役員の人事を行いませんので、臨時国会終了後は皆さんしっかり英気を養ってください」と笑顔で述べたこともあり、私の党広報本部長の任期もあと1ヶ月余りは続きそうだ。

8月下旬には党のインターネットテレビ「カフェスタ」の対談番組「みどりの部屋」を再開する予定だ。

参議院選挙 勝利
                       

参議院選挙、満足のできる結果で終えることができた。東京選挙区で2人当選という任務も無事果たすことができて、ほっとした。選挙前から延べ4日、応援に入った激戦区・福島の森まさこさんも見事に勝利した。
自民党は選挙区で38、比例区で19の計57議席を獲得。非改選を含めた与党の議席は過半数を大きく上回る141議席となった。(定数は245)
党広報本部長として、ポスター・政見放送・CM・新聞広告など、安倍総裁と一緒に作り上げる仕事も多く、自分の政治活動の上でも学ぶことの多い6月、7月だった。
選挙公約を実現させるために、来週から来年度予算の概算要求案を党の立場から点検していく。

 

墨田区から夏休み最初のラジオ体操全国中継
                       

20日朝6時半から、墨田区の錦糸公園で、夏期全国巡業ラジオ体操大会初日が行われた。墨田区を中心に、約1,400人が集まり、令和夏休み最初の全国ラジオ体操中継となった。2級ラジオ体操指導者の資格を持つ私も参加した。

ラジオ体操が始まる前に、NHKのラジオ体操指導者が指導して「おはようございます」の発声練習や「新しい朝が来た 希望の朝が」で始まるラジオ体操の歌の練習、さらに大きな拍手の練習もした。

墨田区内からお父さん、お母さんと集まった幼稚園や小学校の子供たちが、大会後、体操のお姉さんと写真撮影をしたりしていた。

荒川区や、遠くからは小金井市ラジオ体操連盟の皆さんが、始発の電車で駆けつけるほどの盛況だった。

銀座三越前で武見敬三候補を応援
                       
15日午後、武見敬三候補が銀座を「甘利明選対委員長・今井絵理子参議院議員(元SPEED)・朝日健太郎参議院議員(ビーチバレーボールの元五輪選手)」らと銀座を練り歩き、三越前で街頭演説した。私も宣伝カーの上でマイクを握った。私は「お配りしている武見さんのビラが楕円形なのは、武見さんが高校・大学とラグビー選手で花園にも出場した経験を持つためです。9月から日本で初めて行われるラグビーワールドカップの誘致にも大きな力を発揮しました。

…続きを読む。

福島県の森まさこ候補
                       
福島県の森まさこ候補
福島県の森まさこ候補

森まさこさんは東日本大震災の原発事故直後に避難区域のすぐ外側まで出かけ、ビデオ撮影した。マスコミ各社が危険だからと社員に取材を禁じた地域である。森まさこさんが、撮影した映像が地元のテレビ局を通じて全国に流された。このことに感動した私は今日その地域に行くのだと思うとゾクゾクする。

震災後森まさこさんはトラックで何度も東京と現地を往復し支援物資を避難者の元に直接運んだ。公的なルートよりもその方がずっと早く困っている人の元に届く。私も当時墨田区の「東あられ」に頼んで参議院の森まさこ事務所に届けてもらい現地に森さんに運んでもらった。「米菓組合でも東北への支援物資を集めています」と同社の人に言われたが「そのやり方だと県庁や市役所に山積みされたまま何ヶ月も経つということになりかねないので」と森まさこさんルートも頼んだのだ。 …続きを読む。

東奔西走、1人区を応援
                       

今週から、参議院選挙で激戦の続く1人区に応援に出かける。10、11両日に愛媛県のらくさぶろう候補。13、14日に福島県の森まさこ候補。16日は岩手の平野達男候補と宮城県の愛知治郎候補。18日には、大分県のいそざき陽輔候補の予定だ。

愛媛県のらくさぶろう候補
愛媛県のらくさぶろう候補
福島県の森まさこ候補
福島県の森まさこ候補
岩手の平野達男候補
岩手の平野達男候補
宮城県の愛知治郎候補
宮城県の愛知治郎候補
大分県のいそざき陽輔候補
大分県のいそざき陽輔候補

 

…続きを読む。

荒川区でたけみ敬三候補を応援
                       
9日朝、たけみ敬三候補の宣伝カーに乗り荒川区内を梅雨の曇り空で肌寒かったが、元気いっぱい遊説した。

浅草で武見敬三候補を応援
                       

8日(月)午後、武見敬三候補の宣伝車に乗り、台東区議団とともに浅草・台東区北部を遊説した。

 

                                             

◀◀ 新しい記事 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

上へ戻る